スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はじめに。<必ずお読み下さい>+これまでの公開資料

海軍の実物資料、書籍、軍装品等のご紹介をしていきたいと思います。

紹介する資料は問い合わせがあれば資料として提供・公開を可能な限りしていきたいと思います。

また、海軍に対する情報交換もしていきたいので、様々なご意見お持ちしております。

海軍関係でここが分からない、ここを知りたい、情報求む!というコメントも大歓迎です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

メールアドレス:yamatonadesiko1941@gmail.com
もしくは右側にありますメールフォームよりよろしくお願いします。

<急募>
海軍兵学校37期生について調べています。
何かご存知の方、なんでもいいのでご教授下さい。
ブログの右下にある37期名簿は顔写真がある方のまとめです。
一応は海兵37期の各種資料を取り揃えております。
37期で調べたいことがある方も問い合わせ下さい。

また、現在予備学生についても情報収集中です。
詳しくは こちら のページをお読み下さい。
スポンサーサイト
[ 2020/01/01 00:00 ] はじめに | TB(-) | CM(-)

海兵37期 樋口修一郎中将の書簡

お久しぶりでございます。
objectでございます。

遂に英国がEU脱退に傾きましたね。
それによって英国内でも分裂が起こりそうですし、EU加盟国の間でも英国に続けと国民投票の準備を始めた国もあるようですからヨーロッパの状況は某眼鏡系男子の言を借りれば「複雑怪奇」になってきていると思われます。
戦争は起きないかもしれないけどヨーロッパが壊れると日本にとってはメリットとデメリットがありますから日本も巻き込まれる事必至です。
それにしてもグローバリズムがナショナリズムを活性化させるとは面白いもんです。
とりあえずブリカス、もう一回日英同盟しようや

さて、今回は久々の書簡です。
特にどうこうっちゅーのは無いですが、時期的に合ってるかなと思って記事を書きました。
まぁ、見てって下さい。
8888.jpg

[メモ]海軍初級士官のことまとめ

<とある軍医中尉の場合>
・軍装
支給品:軍帽2、夏服5、冬服2、合服1

・着任前の購入品
帽章の予備、ワイシャツ3枚、ワイシャツカラー3枚、日覆い3枚、白手袋3枚、カフスボタン3、カラーボタン3、夏シャツ3枚冬シャツ2枚、靴下、寝巻、ドテラ、毛布3枚、夏布団1枚、ゴザ、短靴、編上げ靴白靴、スリッパ、酒保でゲートル、軍刀、指揮刀、印判2、メガネ、柔剣道具、背広
※上陸の際水交社に行き、軍服から背広に着替える

・任地に持参するもの
軍装一着、軍帽、短剣、長剣、軍刀、手袋、白ワイシャツ、名刺
長剣は行李に入れてもいい

下士官は〇〇兵曹、兵は呼び捨て
下士官を兵の前で叱ってはいけない、見せしめの時には若い兵を叱る必要がある

・着任時
荷物は駅止めにして先に送っておき、艦に行ってから従兵に金を渡し取りに行かす
転勤は公報を見てから一週間以内に出発してよいとなっているが、初級士官はすぐに出発すること
もし遅れる場合は所轄長から着任先へ電報を打ってもらう
着任する艦が判明しない場合は、艦船公報か鎮守府公報によって知るか、あるいは艦長より紹介してもらう
着任する艦の艦長、副長、所轄長の名前は士官名簿で予め知っておく
事変地に着任する時は長剣か軍刀を吊っていく(通常は軍刀を手に持っていく)
着任する時は午前8時から午後4時までの間に着かなければならず、列車の時刻を調べてそれに乗るか宿を予約する
司令部付になると司令官の乗っている艦を庶務で調べ、まずそこに着任し命令を受ける
着任するつもりでもその場に艦がいなければ、鎮守府の人事部へ行って相談すればいい
新しく行動した艦を追いかけていく時は鎮守府から証明書を貰う
軍艦の定期に乗る時には監視所、衛兵詰所で聞くか、港務所に電話すると判る。あるいは海軍監督官に聞くのもよい
定期がどうしても判らない、来ない場合は港務部から「〇〇着任の便送られたし」と信号してもらう
乗艦は通常左舷梯より上がるが、内火艇の着くところからでもよい。トランクは艇に残したままにしてラッタルを上がる。軍刀は手に持って行く
舷門の当直将校に名刺を出して「〇〇只今着任しました」と挨拶した後でトランクを艇に残したことを伝えると宜しく取り計らってくれる
当直将校の案内で艦長、副長に挨拶(黙って敬礼)してから所轄長に挨拶する
その後、所轄長の案内で各公室を回る(各室ではよろしくお願いしますと言って名刺を置いていく)
所轄長が不在の時はケップガンに頼んで案内してもらう
着任後数日経つと後甲板で紹介がある。まず副長が新任者を紹介するといって手招きされる。新任者は壇に上がり副長に敬礼する。副長の紹介が終わると兵員に敬礼する。次いで副長に再び敬礼して壇を降り、士官室士官、ガンルーム士官、特務士官、准士官の順に敬礼する。その後ガンルーム士官の最後尾に付く
着任時、退艦時は長剣、軍刀を必ず手に持つ、決して腰には吊らない
退艦する時は所轄長とその日時を打合せておき庶務に通知する
荷物は予め従兵に命じて数日前に送らせておき、トランクは従兵に艇まで先に運ばせておく。自らは軍刀のみ手に持つ

定期には出発5分前までに乗ること
内火艇内では喫煙はだめ
舷門を上降する時は雨衣、外套は脱ぐ
[ 2016/06/04 18:30 ] 軍制 | TB(0) | CM(2)

海軍兵学校 生徒軍衣

おはようございます
objectでございます。

最近、とても忙しいので中々活動出来ていません。
お誘いもお断りしてばかり・・・(無理矢理でも断らないはずの女の子からのお誘いは皆無です、おかしいですね)
もう口は口内炎ばかり・・・
疲れた・・・

さて、今回は海軍兵学校の制服です。
ん〜、これは良い物ですね。
海軍の象徴のひとつともいえるものですから、やっぱり思い入れがあります。
元海兵の方々にとっても非常に思い入れのある服だと思いますよ。
ま、ネット上にはこの服についての説明をたくさん見ることが出来るのでちゃちゃっと簡単に説明していきますよ。
121214145.jpg
[ 2016/05/21 21:02 ] 海軍実物軍装品 一種軍装 | TB(0) | CM(0)

平成28年熊本地震で被災された方々のご無事をお祈りいたします

14日の10時頃、母の電話を聞いた時に背筋が凍りました。
「熊本で震度7の地震が起こった」
それを聞いた時に浮かんだのは阪神淡路大震災や東日本大震災の惨状でした。
熊本には多くの友人がおります。
震度7ならば無事ではすまないだろう・・・・無事だろうか・・・
必死で連絡を取りました。
震度の大きさの割に、震源地が浅く規模が小さいので被害が大きくなかったことに一先ず安心していました。

次の日の夜に、熊本の友人を交えてスカイプを使ってゲームをしていました。
午後1時半頃、ゴゴゴゴという音と共に友人の「やばい!」の声、そしてガタガタというものすごい音がスカイプ越しに聞こえてきました。
そして、スカイプがブッツリと切れました。
友人の無事を確認して床についたのですが、朝早く起きてニュースを確認すると被害の大きさに驚きました。
私の大好きな熊本城も重要文化財の櫓が倒壊して社務所を押しつぶすような被害等、相当なダメージを受けているようでした。
また、死傷者の数も時間が過ぎる毎に多くなっていきました。
自分の暮らした土地が被災地になるとは思いませんでした。
色々と思い出のあるアーケード街、熊本城の惨状を見ると泣かずにはいられませんでした。

これから天候も悪くなるようですし、震度5〜6の大きな余震が断続的に続くようです。
被災された方々のご無事をお祈り申し上げます。
そして、これ以上被害が拡大しないよう、死傷者が出ないよう、願っています。
熊本は火の国です。必ず復興出来ます。
元県民として出来る限りのことをやりたいと思います。

頑張れ熊本!負けるな熊本!
Kumamotojo.jpg
[ 2016/04/16 16:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。