スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海軍中将 小沢治三郎の書簡

いやぁ、御無沙汰でした

全然史料更新出来なかったので、色々と放置ぎみでした。

今回は誰でも知ってる鬼瓦のようなお顔のあの人の書簡です。
これもまた私の愛しの海兵37期出身なんで相当苦労しましたが手に入れました。

その判読がやっと終わったので、出して行きたいと思います。
10_201506111446275a7.jpg
スポンサーサイト

海軍兵学校 第37期 クラス会 会誌

ドーモ、テイトク=サン。オブジェクトデス。
さて、手に入れた資料を次から次へ整理して行って、
過去に集めた資料や記事を顧みるのがめんどくさくなってきました。
追記等いろいろあるのだよ、君。

はてさて、閲覧者が艦これユーザーより海軍愛好家のほうが圧倒的に多いと思われるこのブログですが(ホントかなー?)、もうね、艦これ要素いらないんじゃないかとね、方々から言われるわけです。
でもね、このブログは普及を目的としてるんだから、艦これ外すと内輪だけの話になるんじゃないかと、
脳内幕僚会議が紛糾しております。
確かに艦これ記事は少ししか書いてない。
でも、もしも、もしもの話だよ?
艦これのアニメが始まるってことは、提督=海軍士官にも注目が集まるんじゃないかと!
私は正直、艦のことは艦これユーザーに毛が生えた程度しか知りません。
もっぱら、海軍士官の研究をしております。
だから、艦だけでなく提督自身にもスポットライトが当たってもいいんじゃないかと思ってるのですが、
アニメ化でそういう発展の仕方もあるんじゃないでしょうか?

だから、白状しましょう!
スレ内で出て来た資料、7割俺なんじゃない?

まぁ、反転はさておき、
今回はobject垂涎の資料さんです。
以前から、海兵37期が一番好きだと公言している私ですが、
その37期のクラス会会誌が手に入りました。
もう、こういうのは本邦初公開ではないかと!(違うと思うよ、言ってみただけ)
一緒に改めてクラスの紹介と、37期の詳細な説明と共にやっていきたいと思います。

前置きなのに長くてゴメンナサイね。
kvfgbvhbsd.jpg

※今回は、文量・画像数が半端ないです。また、軍人はすべて最終階級で表しています。

この記事のエントリーナンバーが37でした。さっき気づいて、ちょっと鳥肌です。

聯合艦隊司令部 暗号電報訳文用紙 大海指第五三〇号、第五三一号 終戦処理指令書

今回ご紹介する資料は、今までの資料とは比べ物にならないほど、貴重なものです。
軍事評論家のT氏の話では、個人で所有しているのは聞いた事ないし、見た事がない。とのことでした。
私もたまたま入手して、びっくりしています。
正直、これほどの物は見た事が無かったです。
もうこれ以上の資料は出ないかも・・・と思われるので、しっかり紹介したいと思います。
お付き合いください。

司令部
昭和20年、日吉台にて聯合艦隊司令部集合写真


※今回は説明が細かいので、資料の画像をクリックして別ウィンドウで見ながらお楽しみいただけると、見やすいと思います。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。