スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海兵73期 卒業式行事覚書

御無沙汰しております。

2月3月は多忙を極め、ここのことをすっかり失念しておりました。
さてさて今回は海軍兵学校の卒業式の計画書となっております。
海軍兵学校、というより軍学校は天皇か皇族の台臨の中卒業式を行うのが通例で、
そのため普通の学校より様々な準備が必要だったと思います。
海軍兵学校ではどのような準備が行われていたのか、
それを具に見ることが出来る資料です。
時の校長井上さんの関連資料として入手しましたが、なかなか面白いと思いますよ?
ゆっくりやっていこうと思います。

01_20160329215104d59.jpg
スポンサーサイト

海軍兵学校 第37期 クラス会 会誌

ドーモ、テイトク=サン。オブジェクトデス。
さて、手に入れた資料を次から次へ整理して行って、
過去に集めた資料や記事を顧みるのがめんどくさくなってきました。
追記等いろいろあるのだよ、君。

はてさて、閲覧者が艦これユーザーより海軍愛好家のほうが圧倒的に多いと思われるこのブログですが(ホントかなー?)、もうね、艦これ要素いらないんじゃないかとね、方々から言われるわけです。
でもね、このブログは普及を目的としてるんだから、艦これ外すと内輪だけの話になるんじゃないかと、
脳内幕僚会議が紛糾しております。
確かに艦これ記事は少ししか書いてない。
でも、もしも、もしもの話だよ?
艦これのアニメが始まるってことは、提督=海軍士官にも注目が集まるんじゃないかと!
私は正直、艦のことは艦これユーザーに毛が生えた程度しか知りません。
もっぱら、海軍士官の研究をしております。
だから、艦だけでなく提督自身にもスポットライトが当たってもいいんじゃないかと思ってるのですが、
アニメ化でそういう発展の仕方もあるんじゃないでしょうか?

だから、白状しましょう!
スレ内で出て来た資料、7割俺なんじゃない?

まぁ、反転はさておき、
今回はobject垂涎の資料さんです。
以前から、海兵37期が一番好きだと公言している私ですが、
その37期のクラス会会誌が手に入りました。
もう、こういうのは本邦初公開ではないかと!(違うと思うよ、言ってみただけ)
一緒に改めてクラスの紹介と、37期の詳細な説明と共にやっていきたいと思います。

前置きなのに長くてゴメンナサイね。
kvfgbvhbsd.jpg

※今回は、文量・画像数が半端ないです。また、軍人はすべて最終階級で表しています。

この記事のエントリーナンバーが37でした。さっき気づいて、ちょっと鳥肌です。

海軍兵学校 試験手続き関連

暇のあるうちに更新、ということで

今回は海軍兵学校の試験手続きの関連書類です。
もちろん、今と変わらず試験を受けるためには志願票を提出して、
さらに軍学校ですので、それなりの身辺調査や家族構成書類等も提出しなければなりませんでした。

そんな、海軍兵学校ですが、こういった書類はあまり世に出ていないと思いますので、
しっかりと紹介したいと思います。

gyっs

海軍兵学校 英語科教科書

お久しぶりです。
ほんと、久々の更新です。
いや〜、忙しいね。暑くなってきたし。
今回は資料ご無沙汰だったんでやろうということで、兵学校の英語教科書です。
眠いのでちゃっちゃとやっちゃいたいと思います。

images.jpeg
海兵寮時代の秋山真之くん(めっちゃ怖いわ、これで首席なんやで・・・)

戦前の赤本?! 海軍兵学校・機関学校・経理学校の入学試験問題と解答集

今回紹介するのは、戦前の赤本とも言える海軍学校の過去の試験問題と解答を纏めた本です。

今でも、やっぱりどの学校を受験するにしても、その学校の過去の問題を解かないことはないと思います。

それは戦前に於いても変わらなかったようです。

当時、海軍兵学校は陸士・海兵・一高と言われ、日本最難関の学校のひとつでした。

海軍兵学校に在学している生徒の過半数が中学校のトップクラスだったということが物語っていると思います。

また、その受験方式も独特で、まず1日の試験が終わると外に受験番号が張り出されて不合格の生徒には棒線が引かれます。

すると、その生徒は2日目の試験が受けられないのです。

これはかなりのプレッシャーだったと思います。

篩にかけられていく感じで、だいたい60名から120名くらいが採用されました。末期には、本土決戦のために300人、600人、720人、結局3000人クラスまでどんどん増えて行ったので、末期のクラスはそれまでの海兵とは違うとまで言われました。

今の東大に入るより、海兵に入るのは難しいという話を聞きますが、実際の問題はどうだったのか、わかる資料だと思います。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。