スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海兵30期 重岡信治郎海軍中将のアルバム

おぃぃぃぃぃぃぃぃっす!ど〜も〜objectで〜す。

まぁ今回はほんとはミニコラムでいいかなって思ってたんですけど、
そのままでええかなって事でこうなりました。
ブツは題にあるように重岡信治郎海軍中将のアルバムです。
たまたま偶然手に入れたもので、家族親族写真が多くあんまり期待してなかったんですけど、
開けてみると結構いい写真があっていい物が買えたと思います。

それでは書いていこうと思います。
1154548.jpg

重岡信治郎海軍中将に関してはwikiにページがあるので詳しくはそちらをどうぞ→重岡信治郎

兵29期入学で、兵30期の卒業です。
兵29期には大湊直太郎中将、佐久間勉大尉、高橋三吉大将、藤田尚徳大将、八角三郎中将、米内光政大将などの錚々たる面々が並びます。
兵30期には今村信次郎中将、濱野英次郎中将、百武源吾大将などがいらっしゃいます。
それらの方々と共に学ばれたのが重岡信治郎中将です。
また、卒業成績がベッキなのに海軍中将に進級したすごい人物でもあります。

それでは写真を見ていきたいと思います。

001_20170621233655cbe.jpg

重岡中将です。秋山真之中将と同じ愛媛の生まれです。
このお髭がトレードマークというか髭を生やしている写真が多いですよね。

007_20170621233703719.jpg

海軍兵学校生徒の時のお写真です。
以前紹介した機関少尉候補生の礼衣と同じ様式の制服だった時代のです。

024_201706212337197e5.jpg

こちらはご家族ご親族の子供達と撮影された写真です。

021_201706212337158ba.jpg

こちらも生徒時代も写真です。
明治期の写真のこういった色が大好きです。

018_20170621233713d3c.jpg

こちらも生徒時代の写真です。
夏前後によくやる服装をしています。
となりにいる方は陸軍の幹部候補生の方で、この方の中尉までの写真がアルバムにあるので親族の方だと思います。

016_20170621233711619.jpg

きました!海兵生徒の集合写真です。
これがあるアルバムまほぼ当たりと言っても差し支えないレベルだと思います。
重岡中将は中段左から6人目にいらっしゃいます。
この写真には大曲真二郎中尉とみられる方が写っておりますので兵29期生徒の集合写真だと思いますが、他の方の判別は出来ていないので分かる方いらっしゃいましたらご教授下さい。

017_2017062123371322c.jpg

兵学校を卒業されて、少尉に任官後の礼装のお写真です。
まだ長剣が上手く持てていなくて初々しさを感じる一枚です。

010_201706212337075d6.jpg

こちらは中尉時代の写真です。親戚の子供達と写真を撮っています。
中尉なのにもう髭を生やしていて謎の貫禄があります。まだ30歳前なんですけど。

025_2017062123372181d.jpg

こちらは大尉時代のお写真です。
婚礼時の写真だと思われます。

022_201706212337177aa.jpg

005_20170621233701bcc.jpg

少佐時代の正装と通礼装のお写真二連発です。
正装の釦が10個なので古い時代の正装だとはっきり分かりますね。
佩用している勲章を見ると功五級金鵄勲章をされてますので日露戦争で武勲をたてられたのでしょうか?
もしかしたらハンモックナンバーの上昇にもこれがあったのかもしれませんね。

003_20170621233657fbe.jpg

少佐の頃くらいと思われる写真です。
ご家族で撮影されたものです。

008_201706212337051de.jpg

こちらも少佐〜中佐くらいの時期に撮影されたと思われる写真です。


009_2017062123370642d.jpg

023_201706212337187fb.jpg

重岡中将は大正3年2月20日から大正5年2月14日までの二年間フランス出張を命ぜられています。
こちらの写真はその頃のものだと思われます。
一枚目の左、二枚目の右側に写っている方は駐仏武官の丸山寿美太郎大佐だと思うのですが、まだはっきりはしていません。

006_20170621233702c04.jpg

こちらは中佐時代の写真です。
重岡中将は大正6年12月1日から大正8年12月1日の2年間、第四水雷戦隊の参謀を勤めています。そしてそれ以前それ以降に参謀職に就いた事は無いのでまさにその時期の写真だと分かりますね。
襟章がないので大正6〜7年に撮影された写真だと思われます。

011_20170621233709d0b.jpg

どういった集まりの写真か分かりませんが、親族か近しい間の方々だとは思います。
下段の陸軍士官から年代が分かりそうですが、陸軍の軍服から詳しい年代を導く事が出来ませんのでどなたかよろしくお願いします。

以上が重岡中将の写真ですが、まだおまけがあります。
004_20170621233658381.jpg

002_20170621233656223.jpg

こちらの二枚の婚礼用の写真がアルバムに入っていました。
海軍大尉の正装と通礼装の写真です。
正装も先に見た重岡中将の少佐時代のと比べて釦が8個で新しい様式だと言う事が分かります。
調べてみると重岡中将の御令嬢は兵52期の馬野光中佐に嫁がれたということなので、こちらの写真は馬野中佐と御令嬢の婚礼写真だと思われます。
ただ私が持っている馬野中佐の写真とはちょっと違う様にも見え、また重岡中将に娘さんが何人かいらっしゃる事も考えて別人の可能性もあるかと思います。
こちらの海軍士官の方の情報をお待ちしております。

以上、重岡信治郎中将のアルバムにあった写真でした。
たまにパッと出るこういったアルバムに面白い写真があるのでコレクションは止められないですね。
ただ欲を言うと米内光政の写真とかあると良かったなぁと思います。
贅沢すぎますか?僕もそう思います。
それでは今回はここまでです。お疲れさまでした。
関連記事
[ 2017/06/25 22:06 ] 海軍実物資料 軍人の写真 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/10/23 13:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/100-f5c3a4e7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。