スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛媛県松山市に行ってきました。(遊びじゃないよ、仕事だよ、いや、遊びだったかもしれない)

愛媛県は松山市に行ってまいりました。

ご存知の通り、司馬遼太郎の作品「坂の上の雲」の舞台となったところです。

その市街地、松山城のすぐ近くにある坂の上の雲ミュージアムに用事があったので行ってきました。
sakanouenokumo1.jpg


とりあえず、お金もないので、小倉からフェリーに乗ることにしたんですが・・・・
IMG_3584.jpg

着いたのは、朝の5時!暇ですね〜、何にもやる事がない。
仕方ないので、6時50分の高浜駅行きのバスを待って、市街地に出ることにしました。

電車に乗って、松山市駅まで行ったら、そこで道後温泉がもう開いていることを知り、
道後温泉に朝風呂に行くことにしました。
松山市駅からチンチン電車(熊本人はこう呼びます)に乗って、道後温泉にアクセス出来ます。
IMG_3639.jpg

ここは、夏目漱石の坊っちゃんの聖地ですから、駅を降りると坊っちゃんのからくり時計がお出迎えです。

商店街を進んで、目指すは
IMG_3593.jpg

道後温泉本館です。

ここは、夏目漱石や正岡子規などの著名人が入りにきた日本最古の温泉です。
入浴料は400円から1500円くらいまでまちまちで、夏目漱石ゆかりの部屋は無料で見れます。
IMG_3588.jpg


そんなこんなしているうちに約束の時間が迫ってきたので、道後温泉からまた路面電車(一般名称です)に乗って、大街道駅に行き、愛媛県庁の近くにある坂の上の雲ミュージアムに行きます。
IMG_3595.jpg


あいにくの雨模様でしたが、後述の事&艦内新聞の事でT学芸員に良くしていただいて、感謝感謝です。

この博物館、螺旋状に展示室を見ていくのですが、マニア垂涎の好古、真之兄弟のゆかりの品がたくさんありました。

なんとか、私自身も神様と仰ぐ真之中将の品を見つけてみたいものです。(1点あったのですが、見当違いでした。後述)

T学芸員と別れ、坂の上の雲ミュージアムをあとにして、時間があったのでロープウェイを使わずに松山城に登城することにしました。

雨が上がってきたのはいいんですが、
IMG_3601.jpg

急勾配すぎっ しかも霧が出てきたっ

なんとか、城郭に着いたときには汗だくになっていました。
IMG_3603.jpg


でも、この松山城は現存天守閣なので、それはもぅ、味が出ていて素晴らしいです。
IMG_3611.jpg


私は熊本で育ったので、こう現存天守というものを見た事が無かったのですが、狭間なんかも残ってて、天守閣はこう出来ていたのかといい勉強になりました。
IMG_3612.jpg

でも、階段がめっちゃ怖かったです。

天守閣の一番上に上って、
IMG_3621.jpg

窓から顔を出すと、すごいいい景色ですね。コーヒー飲みたいですね。
でもね、熊本城が1位なのは変わりませんでした。熊本城が一番かっこいいと思います。
せいしょこさん信者ですから。

とまぁ、これ以外に鎧や刀なんかも展示していますが、割愛しま〜す。

とにかく、お腹が減ったので城を落ち延びて名物のじゃこてんうどんを食べました。
IMG_3599.jpg

おいしかったです、が、甘口のだしに慣れてないのでびっくりしました。

近くに秋山兄弟の生家があると書いてあったので、行ってみることにしました。
兄弟の銅像ですぐに分かると思います。
IMG_3598.jpg
IMG_3597.jpg

二人は目線を合わせて設置されているといい、なんか感動しました。
家の中ではビデオや井戸を見る事ができます。

さて、こうなっては好古の墓も行こう、そして汗を流そうと思い、もう一度道後温泉方面に行きます。
道後温泉本館から椿ホテルを通って墓地に入ると
IMG_3624.jpg

ありました。手を合わせておきました。

その後、ちょっと高いお風呂に入って、個室で休めるプランにしました。
IMG_3628.jpg

この部屋はとにかく、いい!
泊まりたかったのですが、やってないそうです。
温泉に入ったことをボタンで伝えると、お茶とお菓子が出ます。
IMG_3630.jpg

80分使えて、このサービスで1500円は安いと思います。ちょーおすすめです。

このあと、商店街で買い物をし、はちみつ屋さんの美人お姉さんと戯れ、またうどんを食べて飛行機で帰りました。

松山、県庁を見れば分かると思いますが、風情があってすごくいい町でした。
特に温泉はすごく良かったです。
城下町の雰囲気も出てて、歴史的な場所もあって、飯も旨いし、自然もあるので満点はなまるでした。
ぜひ、一度行かれることをおすすめします!
関連記事
[ 2014/03/21 13:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/12-a7df9b66












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。