スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

斎藤七五郎中将所蔵本 秋山真之著書「海軍英文尺牘文例」

前回、松山市に行っていたのはこの本について坂の上の雲ミュージアムに用事があったからです。

この本は海軍の法人水交社の幹事だった秋山真之中将が英語での手紙の書き方や名刺の様式について書いた現代でいう英語での手紙の書き方のHow to 本みたいなものです。

この本は明治36年の初版本で、(たぶん)海軍大学校で秋山真之と斎藤七五郎が授業で使った物だと思います。

坂の上の雲ミュージアムさんの報告の中のお陰で斎藤七五郎中将と秋山真之中将の関係性がいろいろ分かったので、書いていこうと思います。
RyoSyo.jpg

この「海軍英文尺牘文例」は明治36年2月18日初版で
表紙
本の最後


水交社幹事 秋山真之が海軍大学校教官時代に発行された物だと思われます。
緒言01
緒言02

緒言にある人名を見ていくと、斎藤孝至は海軍中将、櫻孝太郎は伊東祐麿海軍中将の娘婿で海軍主計総監、浅岡満俊は海軍造船中将、金井茂太郎は海軍主計少監、山川端夫は海軍に縁の深い政治家、外交官僚です。

秋山真之は英語が堪能だったことは周知の事実ですが、こういう本を書いているとは知らなかったですね。

この緒言と目次の部分に
斎藤はんこ1
斎藤判子2

斎藤という判子と篆書体で斎藤七五郎と押してあり、斎藤七五郎の所蔵本だと分かりました。

この本は近代デジタルライブラリーで閲覧出来ますので、そこでどうぞ
近代デジタルライブラリー -海軍英文尺牘文例-

この本には様々な斎藤中将(当時少佐)や著名軍人の英語に関する物が挟まっていました。
それを紹介していこうと思います。

謎のメモ
メモ

何が書いてあるのか分かりません。

ロシア公使館付武官の名刺
露 名刺

これも誰だか分からないのでT学芸員が調べてくれるようです。

何かの招待状
何かの招待状

帝国海軍のAdmiral Tomioka(冨岡定恭中将だと思われる)への招待状だと思います。

冨岡定恭中将とその幕僚への招待状
富岡定恭への招待状01


冨岡定恭中将への招待状
富岡定恭への招待状02

この一連の冨岡中将(当時少将)の招待状は英仏派遣、造兵監督官時代のものだと思われます。
これらの招待状類は富岡中将と同じ職場で働いていた海軍大学校と軍艦「厳島」時代に貰ったものだと思います。

富岡少将、斎藤少佐、田村丕顕大尉

練習艦隊での富岡定恭少将と斎藤七五郎少佐、田村丕顕大尉です。
厳島は練習艦隊旗艦として外国に行ってますので、一連の斎藤中将の品はその時の物でしょう。
というか、この本を持って行ったのではないでしょうか?

斎藤七五郎中将への招待状
斎藤七五郎への招待状

Lieut. Commander S.Saitoとありますので、少佐時代の招待状です。

たぶん、斎藤中将の晩餐会か何かでの名札
Herr Saito

Herrとありますから、ドイツ語圏内の国でしょうか。

斎藤七五郎少佐の名刺
斎藤 名刺

厳島勤務時代の名刺です。練習艦隊時代で英語名刺が必要だったのかもしれません。

秋山真之の名刺(サンプル)
秋山真之

これを、坂の上の雲ミュージアムに問い合わせていました。
後述しますが、これはサンプルでした。

ページ最後に貼付けられた新聞切り抜き
最期の新聞

イギリスとドイツのことですね。説明しにくいですが、イギリス側から書かれているのでロンドン・タイムズの記事だと思われます。

と、このようにこの本自体がオリジナルと言えるぐらいカスタムを受けた本なのですが、
この斎藤七五郎中将と秋山真之中将の繋がりは相当強かったみたいです。
ここからは坂の上の雲ミュージアムの調査結果書類で説明しようと思います。
斎藤中将と秋山中将の関係
IMG_20140321_0006.jpg

青い部分が共通の職場や位置で働いていた時のです。
秋山真之が大学校教官をしていた時の教え子4人のうちの一人でかなり仲が良かったようです。
IMG_20140321_0003.jpg
IMG_20140321_0004.jpg
IMG_20140321_0005.jpg

詳しくは文書で・・・・

で、本については
IMG_20140321_0001.png
IMG_20140321_0002.jpg

完全にサンプルだと言われてちょっとがっかりしましたが、いつか秋山真之中将の品を手に入れたいと思います。

この本は坂の上の雲ミュージアムに寄託しています。
いつか、展示されればいいなぁなんて思う今日このごろです。
関連記事

何故,司馬さんは齋藤を書かなかったか?

齋藤七五郎と秋山真之が、親友に近かったのは、齋藤七五郎伝を読めば、明らか。齋藤は、秋山から捕虜になるつもりで行け、と旅順港口閉塞作戦で、言われている。広瀬武夫は、捕虜にはなりませぬ、と言った。司馬さんが、ベストセラーの齋藤七五郎伝を読んでない、とは考えられない。
[ 2015/05/09 06:30 ] [ 編集 ]

Re: 何故,司馬さんは齋藤を書かなかったか?

坂の上の雲というのは、小説です。
その小説の中では、秋山真之と広瀬武夫の友情というのがひとつのテーマとして描かれています。
そんな中で、斎藤七五郎と秋山真之というテーマは必要なかったので書いてないんだと思います。
斎藤を書くなら森山慶三郎なんかのことも書かなきゃならなくなるし、収拾がつかなくなっちゃいますから。
[ 2015/05/09 11:34 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/08/24 18:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/13-b33020ab











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。