スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

榛名の艦内新聞に見る 『二・二六事件』

今回は、1936年2月26日に関東の連隊所属の隊附将校が昭和維新を唱えて蹶起した事件です。

日本では、政変が起こる時は雪が降ると言われるそうですが、この時もすごい大雪だったそうです。

今回はそんな重大事件を海軍の艦内新聞から見て行こうと思います。

226.jpg


01_20140512223610dd2.jpg


榛名日日新聞 号外 第一報 昭和十一年二月二十七日特急報

重臣襲撃され、帝都ニ戒厳令布かる
東京二十七日
昨二十六日拂暁帝都ニ於て一部青年将校等は重臣大官を襲撃一大センセーションを起した
二十六日午後八時二十五分陸軍省発表に依れば青年将校等は左記箇所を襲撃した
首相官邸(岡田首相即死) 斎藤内大臣私邸(内大臣即死) 渡辺教育総監私邸(教育総監即死)
鈴木侍従長官邸(侍従長重傷) 高橋大蔵大臣私邸(大蔵大臣負傷) 牧野前内大臣湯河原温泉宿舎(牧野伯負傷)
東京朝日新聞社、之等将校の決起せる目的は其の趣意蓋に依れば内外重大の危急の際、元老重臣財閥軍閥官僚政党等の国体破壊の頑強を排除し以つて大義を正し国政を擁護し改建せんとするにあると、現内閣の首席官僚たる後藤内相に対し二十六日午後兼任内閣総理大臣臨時代理を仰せ付けられた。
内閣は総辞職することに決定し、後藤首相臨時代理は二十六日夜各閣僚の辞表を取り纏めら、閣下に奉呈したか。聖首に依り後任内閣の成立するまで政勢を見ることとなった
二十六日夜の枢密院会議の結果に十七日午前二時三十分官報にて帝都に戒厳令を布かるる旨決定した
戒厳令司令官は東京警備司令官 香椎浩平中将。
香椎中将は二十六日夜警備司令官の名を以つて帝都の治安は完全に維持されつつあるも官民互に諌言を慎み、秩序維持に協力せよとの告諭を発した
聯合艦隊直に出動 警備の任に就く
第一、二艦隊は東京湾及び大阪湾警備のため回航を命ぜらる
外務省は二十六日帝国内の治安は完全に保たれている旨在外使臣に訓電した (終)

前回の榛名新聞の昭和11年版 part1の続きの新聞です。→榛名新聞 昭和11年版 part1

榛名の所属する連合艦隊は宿毛で訓練等をする予定だったのですが、急遽警備地急行を命じられ、
第一艦隊は東京湾に、第二艦隊は大阪湾に急行することになりました。
連合艦隊は艦隊規模が大きくなって入れる泊地が限られていたので、警備地をふたつに分けることになってました。

榛名が急行している間に、東京に近い横須賀鎮守府では米内光政長官・井上成美参謀長の名コンビで陸戦隊の準備、芝浦への特別陸戦隊の陸揚げ、海軍砲術学校の掌砲兵警急呼集等、叛乱軍扱いで準備を進めていました。
岡田首相即死(従弟の松尾伝蔵陸軍大佐が身代わりになって死亡)、斎藤内大臣即死、渡辺教育総監即死、鈴木侍従長重傷、高橋大蔵大臣重傷(死亡)、牧野前内大臣負傷(無傷)、()内が本当の被害状況なのですが、情報が錯綜しているみたいです。

榛名日日新聞 昭和11年2月28日
02_2014051222361279f.jpg

03_201405122236173ba.jpg

27日には榛名は東京湾に完了しているのですが、紙面を見る限り未だに岡田首相が死亡扱いなので、情報がなかなか集まっていない状況が見れると思います。
東京湾に入った榛名以下戦艦群は国会議事堂に主砲の標準を合わせていたそうです。
東京の海軍省では軽巡洋艦「木曾」によって陸揚げされた特別陸戦隊(佐藤正四郎大佐)が警備していました。

事件の経過等は226事件のwiki等を見ていただけるとありがたいのですが、この28日の紙面に面白い記事がありました。

当地在泊中郵便物発受ヲ左ノ通リ定ム
それには
一、使用短艇 港務部汽艇
二、発着時刻 〇八三〇 一三三〇 長門発
       一〇〇〇 一五〇〇 桟橋発
三、郵便物ノ集配ハ左記ニ依リ第一艦隊郵便局之ニ任ズ
  (イ)発送ノ受付締切
     普通郵便物ハ艦発一五前迄
     特種郵便物ハ同一時間前迄
  (ロ)到着郵便物ハ汽艇長門ニ着艇後約三〇分ヨリ渡ス
四、各艦(隊)ハ右ニ応ズル如ク便宜短艇及郵便係ヲ長門ニ派置スルモノトス

長門が在泊中の郵便業務を一手に引き受けていたことが分かります。
こういった部分が艦内新聞のいいところだと思います。

榛名日日新聞 昭和11年2月29日
04_20140512223618b93.jpg

05_20140512223613a4e.jpg

29日の新聞では相変わらず東京湾にいるようですが、鎮定の空気が見て取れます。
海軍では当初から蹶起部隊と反乱軍と規定しているように挿絵の説明にも雪中ニ反軍ヲ攻撃スル陸戦隊と書かれています。
襲撃された重臣のうち3人が海軍の人ですから、ナニクソ!という雰囲気があったと思います。

榛名日日新聞 2月29日特急号
06_20140512223751dca.jpg

そして、29日には号外がもう一本出ています。
そこでは、29日にはほぼ状況は明らかになって事態も沈静化しているとこが見れます。
26日明朝に勃発して29日にようやく沈静化するのに3日かかってますから、反乱鎮圧には遅いなぁと思います。

そして、第二艦隊は3月1日に警備地を引き上げて、第一艦隊は3月3日に横須賀に入って、榛名はそこで乗組員の上陸を許可しています。

それまでの新聞を貼っておくので、興味があるかたは見て下さい。

榛名日日新聞 3月1日
07_201405122237540df.jpg

08_20140512223756ee6.jpg


榛名日日新聞 3月2日
09_20140512223756c34.jpg

10_201405122237597e0.jpg


反乱将校たちはその後、自決・銃殺となっていくのですが、日本史の一大事件の時の榛名の内部状況を、海軍の一般兵側から見れたということはとても勉強になりました。
艦内新聞、改めて凄まじい資料です。
さらに読み込んでいこうと思います。

2/27号外の判読不能文字ほか

任内閣総理大臣臨時代理を
~閣僚の辞表を取纏めら、閣下に奉呈したか
最後の漢字はわかりませんでした。
[ 2014/05/18 18:44 ] [ 編集 ]

Re: 2/27号外の判読不能文字ほか

ありがとうございます。
更新しました。
[ 2014/05/18 21:18 ] [ 編集 ]

二月二十七日特急報

最後の「帝都の治安は完全に維持されつつある◯官民互に諌言を慎み、秩序維持に協力せよとの告諭を発した」の判読不明文字はおそらく、「も」だと思われます。すなわち「帝都の治安は完全に維持されつつあるも官民互に諌言を慎み、秩序維持に協力せよとの告諭を発した」となります。原文は「モ」が何かしらの原因でずれてしまったため判読不能となったと推測されます。
[ 2014/10/29 00:02 ] [ 編集 ]

Re: 二月二十七日特急報

ありがとうございます。
変更しときます。
[ 2014/10/29 02:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/27-41bbfe38











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。