スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昭和5年 特別大演習観艦式 招待状

どーもどーも。
ミッドウェーの時間が迫ってまいりました。
いえ、何でも無いです。
忘れて下さい。

今回のは、まぁ、あれですよ。
大したもんではなかですが、観艦式の資料といっていいか分かりませんが資料です。
一応、士官物として集めたものですが、特に発見とか無いので
気軽に見てって下さい。
テンション低いのには、理由があるんです。

Tokubetu-Kankanshiki.jpg

さてさて、まずは観艦式の説明から。
観艦式というのは、wiki先生によると1341年に百年戦争の最中にエドワード3世が始めたものらしいです。
日本では、1868年にわずか6隻でやったのが最初とのこと、総トン数2452トンが始まりだったようです。
最後の紀元2600年特別観艦式が60万トンぐらいですから、海軍建設になみなみならぬ努力を注いだ方々には頭が下がります。

さて、観艦式ではもちろんトップの大元帥陛下ご臨席の元で行われるのが原則ですが、まぁ、皇族ってだけでもOKだったようですが、御召艦というのが指定されます。
陛下はここからご覧になられるというわけです。

歴代御召艦は
1890年 海軍観兵式 防護巡洋艦「高千穂」
1900年 大演習観艦式 装甲巡洋艦「浅間」
1905年 日露戦争凱旋観艦式 装甲巡洋艦「浅間」
1908年 大演習観艦式 装甲巡洋艦「浅間」
1912年 大演習観艦式 防護巡洋艦「筑摩」
1913年 恒例観艦式 練習巡洋艦「香取」
1915年 御大礼特別観艦式 巡洋戦艦「筑波」
1916年 恒例観艦式 巡洋戦艦「筑波」
1919年 御親閲式 装甲巡洋艦「出雲」
1919年 大演習観艦式 戦艦「摂津」
1927年 大演習観艦式 戦艦「陸奥」
1928年 御大礼特別観艦式 戦艦「榛名」
1930年 特別大演習観艦式 戦艦「霧島」
1933年 大演習観艦式 練習戦艦「比叡」
1936年 特別大演習観艦式 練習戦艦「比叡」
1940年 紀元二千六百年特別観艦式 戦艦「比叡」

おお、意外に比叡が多い。というか、さすが海軍の生き字引、金剛型(金剛以外)が多い!
後半、なんでヒェーーが連続して使われたかは謎ですが、使い回しや時間節約みたいな感じだと思いますね。
さっすが井上大将の恋人、データ以上の艦ですね!(某K姉さん談)

今回の観艦式は神戸沖で行われた特別大演習観艦式なんですが、規模的には歴代二位の観艦式です。
総トン数703295トン、165隻の艦艇が集結しました。(詳しい陣容はwikiで)
残念ながら、トップ画像の2600年観艦式のような画像は見つけられなかったのですが、動画がありました。

くそ〜、生まれる時代を間違えた!

観艦式では、今も当時も変わらず、市井の人々を艦に招待して見ていただくということもありました。
そのために今回のような招待状があるんですね。

IMG_20140323_0001.jpg

IMG_20140323_0002.jpg

昭和五年 特別大演習観兵式陪観証で、特務少尉の方に送られたものです。
裏の注意書きで当時の観艦式見物にはどのようなことが必要だったか分かると思います。
で、もう疑問に気づいた方もいらっしゃると思うのですが、
昭和5年の観艦式は10月26日に実施されたはずが、この招待状は11月17日になっています。
おかしいですね。
でも、この招待状と同封されていた物に謎を解く鍵がありました。

IMG_20140323_0003.jpg

なんと、この招待状が送られたのは昭和二年なんですね。
3年の間になんらかの変更があったと思われます。
これは、当時の呉鎮守府(神戸沖の観艦式ですから、兵庫県を管轄に含む呉鎮長官が責任者です)の長官、谷口尚真大将から送られた晩餐会招待状です。
海軍大臣主催の晩餐会になぜ、特務少尉さんが呼ばれたのか理由は分かりませんが、
服装 武官軍装勲章一個文官相当服
という服装指定があるのが面白いですね。
晩餐会では邪魔になるから一個だけ佩用しとけってことなんでしょうか?

この資料により、観艦式は3年前から決められていたことが分かります。
この特務少尉さんは準備委員が何か関係者だったのかもしれません。
また、この記名も谷口大将本人の字かどうかは分かりません。
分かる方いらっしゃいましたら、お教え下さい。

今回のは士官と言えども特務士官のものですので、テンション低かったみたいです。
1万Hit記念じゃないですが、もしこの資料をもっと研究したいという方は差し上げますのでご連絡下さい。
コメント欄ではメールアドレスを忘れずに。
ホントは特務士官の説明もしようと思いましたがまたの機会に。

比叡が連続してるのは、あの時期比叡は練習艦で艦隊に所属していないから、スケジュールが取りやすかったのと、練習艦だから第4砲塔取っ払ってたから、観覧席の設置が容易だからだったと思う
[ 2015/03/03 11:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

なるほど、確かに融通ききそうな境遇ですね。
意外と単純な理由で選ばれたのかもしれないですね。
[ 2015/03/03 23:05 ] [ 編集 ]

観兵式の招待状です

昭和5年の観艦式は10月26日で、11月17日は陸軍観兵式です。
文面からも閲兵場への入り口が指定されておりますな。
観閲式の場合は乗艦する艦艇の指定が必ずあります。
ちなみに昭和5年の観艦式、準備が始まったのは前年の12月から。
概要決定は5年の3月から5月にかけてで、乗艦招待者が決まったのは9月上旬です。

昭和2年のものは航空母艦「赤城」の竣工引き渡しに伴う祝賀会への招待状です。
おそらくこの特務少尉さん、艤装員かなにかだったのでは?
[ 2016/01/05 20:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/36-6fbdac56











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。