スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海軍大佐 一種軍衣 参謀仕様 合服

ホークスの劇的な優勝から一夜明けてもまだ興奮が治まらないobjectです。

今日は暇があったので、軍装品の手入れをしました。
ついでにブログ用の写真も撮りましたのでご紹介を。

ちなみに、私はどうしてか大佐が好きです。
基本、将官より佐官が好きなのですが、大佐だけは別格で好きですね。
赤い三倍の人のせいかもしれません。
大河ドラマでナレーションを赤い三倍の中の人がやるらしいですね。
これは見なくちゃ。

第五艦隊幕僚?

もう散々一種は紹介していますので、
ここを見ている方にはそんなに説明はいらないと思います。

今回紹介しますのは、
Osami_Nagano.jpg

一種の参謀衣で、写真は永野おさみんですが、こんな感じの服です。

ジパングという漫画がありますが、主人公の草加と大親友の滝というキャラクターもこの服をよく着てますね。

昭和19年に三種軍装が戦闘服に指定されるまでは、一種が士官の戦闘服となっていました。
ですから、ミッドウェーの時も南雲司令部は皆一種軍装だったらしいです。

前にも説明しましたが、その後、昭和13年頃でしょうか、正装、礼装が無くなって、
この一種軍装が兼ねるようになっていきます。

まぁ、そんなこんなで海軍士官といえばこの一種が一番かっこいいと思ってる方も多いと思います。
現在の学習院の制服が瓜二つなのは羨ましいですね。

まぁ、とりあえず、ご紹介を
IMG_3999.jpg

兵科士官の一種軍衣です。
袖章、襟章も綺麗に残っていて、虫食いも見られず状態は良い品となっております。

裏です。
IMG_4003.jpg

こちらも虫食いも目立たず、いい感じです。

袖には、
IMG_4001.jpg

袖章がちゃんと残っています。
袖口にはすり切れが両方にあり、相当使用感があります。

襟には、
IMG_4002.jpg

襟章が残っていました。
これが嬉しいですね。襟章は外されてしまった状態のが多いです。

一種は二種と違って、戦後も使用しやすかったので襟章を外して使われる方も多かったようです。
井上成美大将や吉見信一少将なんかもそうでした。

そして、右肩にはなんと
IMG_4007.jpg

飾緒を取り付ける機能がありました。
この飾緒穴があるかどうかで価値も変わってくるので大変嬉しかったです。
二種もこれがあるかどうかが重要です。
三種はまったく見ないですね。三種の参謀衣が手に入ったらコレクション終了してもいいかなと思ってます。

そして士官服なので、
IMG_4006.jpg

糸があります。これも大抵の士官服にありますよね。

さて次は中身です。
IMG_4008.jpg

まぁ、及第点な感じではないでしょうか?
作りがそんなに高級感が無いのが気になりますが。

袖には、
IMG_4010.jpg

おなじみの縞模様の生地が貼ってあります。
そして、飾緒を取り付ける釦が布にあります。

この一種は、兵51期海大甲種32期の吉井道教大佐の服と判明しております。

吉井大佐はこちらでもたびたび紹介しております米内光政とかなり関係が深い人物です。
まず、兵51期の遠洋航海では磐手艦長として指導され、
その後、吉井大佐は旧姓を清水と言いますが、米内光政と同期の退役軍人である吉井達大佐の娘良子と結婚し、吉井姓になります。
昭和12年に米内海相が実現すると、官房副官兼秘書官として実松譲大佐と共に昭和14年1月に英国に行くまで側で仕えることになります。
英国では駐在武官補佐官として昭和16年まで滞在します。
開戦から20日後にロンドンから帰国するのですが、まぁ、海軍部内の空気に嫌悪感を抱いたようです。
同期の実松譲大佐もワシントン帰りなのですが、そう思ったようです。
その後、マリアナ沖海戦時には第四航空戦隊(松田千秋司令)の首席参謀として戦っています。
詳しい履歴は分かりませんが、少佐時代に副官、中佐時代に参謀を経験しているので飾緒穴があることに矛盾はありません。
もしかすると、この服でマリアナを戦ったかもと思うとドキドキしますね。
吉井大佐の詳しい履歴をご存知の方、よろしければご教授お願いします。

今回は、合服と冬服の違いも見たいと思います。
IMG_4004.jpg

左が今回の合服、右が別の方の冬服となっています。
どちらも大佐服です。右の方の襟章を手に入れてあげなければいけないですね。
色合いは今回の服の方が黒い生地を使っていることが分かると思います。

違いは襟のほうを見ると分かりますが、
IMG_4005.jpg

冬服のほうが分厚く作られています。
冬服のほうが相当重いです。
合服は一応一年中着られるように薄く作ってあります。
いずれ、右の方の服も紹介しましょうね。

ついでにトルソーちゃんに着せてみました。
IMG_4011.jpg

IMG_4012.jpg

う〜ん、やっぱりかっこいいですね。
大佐が一番、3つに3本ですので充足感がありますよね。
そして、右肩の切れ込みがすごく目立つ。
手に入れてよかったです。

手入れついでに外套も着せてみました。
IMG_4013.jpg

う〜ん、ここまできちっと着込む士官はいなさそうなので、

IMG_4014.jpg

襟章くらいは見せときたいですね。

でも、実際には
IMG_4015.jpg

これくらいが着るにはかっこよくないですか?
てか、これかっこよくね?
なんだろう、これすごくいいです。


今回は大佐の参謀服でした。
大佐好きの自分にはとても達成感のある服です。
また、お世話になっている方に吉井道教大佐のお顔を見せていただきましたが、武人っぽい良い男でした。
米内さんや松田少将と同じ空間に在った服かもしれないと思うと、感慨深いものがあります。
いい物を手に入れました。
今回は以上です。お疲れさまでした。
関連記事
[ 2014/10/03 22:30 ] 海軍実物軍装品 一種軍装 | TB(0) | CM(7)

軍服

この軍服の写真2ちゃんにアップしました?
というかobjectさんですよねw
同じ人物の軍服を持っている人なんてそうそういないですしねw


軍服は集めてないですね、持っていてせいぜいドイツ軍のモールスキンジャケット、米軍のM51パーカー、陸自の作業帽です、普段使いできるものばかりですね。M51はレプリカです、本物はもうないんですよね…踊るの影響で在庫は尽きたそうです。まあ踊るに影響されて買ったのですがw
あと軍服はオカルトな話がありそうで…あと、昔沖縄の放出品の店でどう見ても血にしか見えない染みが付いた軍服を見て以来、デットストックやレプリカだけを買おうと心に誓いました。
まあ生き残った方の軍服なら大丈夫そうですね。
[ 2014/10/04 22:48 ] [ 編集 ]

Re: 軍服

それは重要機密ですよ!w

普段使いで迷彩とかも持ってますが、独逸系とスイス系のが好きですね。
あとは、航空自衛隊の作業服を衝動買いしたりしてますね。
分からない人にはファッションとして、分かる人にはワンポイント分かってもらえるようなのが楽しいですよね。

心霊体験とかは、う〜ん、そういうこと無いとは思いますけどね。
一応、何人か、壮絶な最期を飾られた方の御服はあるのですが、一度もそういった体験はないです。
というか、夢枕に立っていただいて、御話を逆に聞いてみたいですねw
命日に日本酒をお供えするようにしているのですが、感謝や敬愛の念さえあれば気にならないと思います。
出来れば、ご遺族の方に返還したいのですが、手放したことを暗に責めることにもなりますから、難しいです。
一度、お会いして御話等伺おうと思い、探している最中なのですが、年月も経って不可能になりつつあるのがつらいですね。
[ 2014/10/04 23:14 ] [ 編集 ]

こんばんわ~

実物をお持ちというのは貴重ですね。
色や質感や重さ、裏地がどうなっているのかなんて、本やテレビでは分かりませんし。
ただ経年劣化で管理やお手入れも中々大変だとお察しします^^;
コートは私もボタン全開きの方が好きです(笑)


先日弊ブログで上げた海軍小演習の写真の件でobjectさんにコメント頂きましたが(山本五十六が教育本部部員云々のです)、今月か来月辺りにサイトに改訂版としてアップする予定でいます。
その際ご教示頂いた点をobjectさんの御名前とブログ名(リンク)と共に紹介させて頂きたいのですが、問題ありませんでしょうか?
[ 2014/10/09 22:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お世話になっております。
ヒジハラさんのコラムは面白いので毎回楽しく読ませていただいておりますm(_ _)m

完全に自己満足な収集ですが、そう言っていただけるとありがたいです。
やっぱり、コートも全開きがかっこいいですよねw

ご依頼の件、了解です。
というか、恐縮です(汗
こちらこそ、よろしく御願いします。
[ 2014/10/09 23:06 ] [ 編集 ]

いえ、こちらこそ楽しく読ませて頂いてます。
私は紙資料(ほぼ本)中心なので、実物にありつける?のは博物館施設でしかないんです。
ですので凄いなあと思いながら訪問させていただいてます^^

軍服は敗戦でとか管理の問題とかで遺族の方が焼いてしまうパターンが多かったそうです。
通常軍服などは「通常」なだけに特に残りにくいみたいですね。
今になって「顕彰の為資料収集したい」という話がでても、軍服に限らず遺品が残ってないことも多いそうで。

そしてご紹介の件、ご了承いただきましてありがとうございます。
ブログで書いた感じそのままの触れ方になりますので、その点はご安心ください。
[ 2014/10/10 05:19 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/09/01 23:15 ] [ 編集 ]

Re:

重要な案件なので、gmailの方へメールを差し上げました。
ご確認下さい。
[ 2015/09/01 23:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/48-9e56d503











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。