スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とある海軍経理学校生徒の写真 〜明治期の珍しい写真〜

どーもどーも
objectさんです。
さて、今度著名な海軍軍人のお宅にお邪魔してお話をうかがってきます。
詳しくはツイッターで!

今回は海軍経理学校生徒の写真です。
それがねぇ、海軍主計学校から経理学校に変わった直後の写真類でして、
初期の海経生徒の写真だとは分かるのですが誰が誰だか全く判別出来ません。
海経の史料は少ないんですよ・・・・・
写真も間違いなく100年は経ってる物ですからねぇ
年月の隔たりを感じます。
どなたか顔を判別出来る方、写真提供しますのでどうぞよろしくお願いします。

ただね!今回集合写真の中にかなり著名な軍人さんが写っていました!
もうすごいビックネームです!
乞うご期待!
012_201507201327385b2.jpg

さてさてさて、今回はこの方のお写真です。
img573.jpg

海軍経理学校の何期か分かりませんし、名前も分かりません・・・
全く手がかりが無いんです・・・
助けて下さい(迫真)

img576.jpg

今回の持ち主のクラスメイトの方々だと思われます。
短ジャケットの夏服で、袴は軍袴です。袖に腕章を付けているのでこの場合は礼装としての半白服だと思われます。
ちなみに夏服に生徒肩章が付くのは大正9年の改正からなので肩章はまだありません。

そんな中で唯一写真の名簿が付いていたものが1点だけありました。
img574.jpg

こちらの写真です。
名簿には
img575.jpg

後列 山口亨(宮城) 武藤操(福島) 御代田貞五(宮城) 野村三治(福島)
前列 菊池勇(巌手) 山口道◯(青森) 大杉◯◯平(巌手)
とあります。
菊池勇は海経5期で、山口亨・武藤操・野村三治は海経6期生徒です。
彼等から山口氏、大杉氏は海経5期生徒で御代田氏は7期のはずです。
ですが、彼等の名前は海経の名簿からは発見出来ませんでした・・・
しかも、この一連の写真の持ち主であった方も見当たりません。
当てが外れました。

気を取り直して、今度は大版の集合写真を見ていきましょう。
img578.jpg

海軍経理学校生徒の集合写真です。
生徒の軍装を見ていくと、まだ軍帽に白い識別線が付いていません。
識別線は大正3年頃に制定されたのでそれ以前の写真だと分かります。
生徒の衣には細い識別線が見られます。
と、いうことはこれは明治42年以降の礼服であるということが分かります。
そこから、この写真は明治42年〜大正3年の間に撮影された写真であることは分かりました。
襟章は大正〜昭和期の物とは違う物で、いつ制定されたか覚えていませんが矛盾はありません。
まだ最前列の教官たちも袖章が将校相当官のカールの無い袖章になっていますね。
海軍経理学校最古級の写真だと思われます。
写真の持ち主は、最後列の右端にいらっしゃいます。

img579.jpg

これは分隊写真?でしょうか?
分隊監事と思われる方を囲んでの写真です。
短ジャケット、やっぱりいいですねぇ。
持ち主の方は最前列右端にいらっしゃいます。

さて、次が最後です。
この写真にはとある超有名な軍人が写っています。
まずは写真を拡大して探してみてから下の解説を読んでいただければと思います。

img580.jpg

これは軍衣に夏袴の服装でさっきとは逆ですね。
撮影場所は経理学校だと思います。
持ち主の方は下から5列目の右から5番目にいらっしゃいます。
私はこの写真を見た瞬間にある著名な軍人に気付きました。
最前列右から3番目の方を見て下さい。
気づきましたか?
なんと、
山本五十六

山本五十六が写っていたんですね!
山本は大尉時代の明治44年12月1日から翌年12月1日まで海軍経理学校で教官をしていました。
写真の袖章も大尉ですから間違いないでしょう。
と、いうことはこの写真は1911年〜1912年頃に撮影された物だと分かりました。
山本五十六在任中の在学生徒は海経1期から4期の生徒ですから、そのどれかだと思います。
まさに海軍経理学校最初期の写真だということが証明されました。
さらに、山本五十六のおかげでもう一人だけ人物が分かりました。
藤田経孝

写真中央に写っている方は当時の経理学校校長である藤田経孝主計大監(後の主計大佐に相当)であると特定出来ました。


今回は超ビックネームが出てくる事態になりました。
この時期の海軍経理学校の写真を纏めて持っているのは私以外になかなかいないんじゃないかと思っております。
写真史料からは様々な事が分かります。
最近は真っ先に捨てられる史料でもありますから、くれぐれも捨てないようご遺族様にはお願いしたいです。
もし古写真の対処に困っているのならご相談下さいm(_ _)m
それでは、今回はこれにて。
お疲れさまでした。
関連記事
[ 2015/11/12 22:30 ] 海軍実物資料 軍人の写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/83-b5e29cfa











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。