スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信濃軍医長を勤めた安間孝正軍医少佐のアルバム

御無沙汰しております。
objectでございます。
そういえばVR戦艦大和発売おめでとうございます。
私もほんのちょっとだけ協力させていただいたのですが、凄いからみんなぜひやってみてね。

今回は頑張って特定しました、安間孝正軍医少佐のアルバムです。
安間軍医は調べてみると大和型戦艦を改造した空母信濃の軍医長をされていたようで、
丸にも寄稿されています。
皆さんもうご存知の事だと思いますが、僕は大和型戦艦が大好きなので判明した時は嬉しかったです。
ただ残念ながら信濃の写真は無いです。が、大和型戦艦と非常に密接な関係のある艦が出てきます。

枚数があるのでゆっくり見て下さい。
shina.jpg

まずは安間孝正軍医少佐の説明をば

img274.jpg

<海軍軍医少佐 安間孝正>

昭和11年任官 任軍医中尉
任軍医大尉
第三十二駆逐隊軍医長
昭和15年1月25日 補刈萱乗組兼芙蓉乗組
昭和15年3月15日 免兼職
昭和15年5月1日 補樫野艤装員
昭和15年7月11日 補樫野軍医長兼分隊長
昭和16年9月20日 補舞鶴海軍航空隊軍医長兼分隊長舞鶴海軍工廠医務部部員
任軍医少佐
信濃軍医長

まだ全履歴を調べておりませんが、これだけで特定出来たので取り急ぎ。
安間少佐は豆な人物だったようでアルバムにはキャプションがつけられていました。
お陰で特定出来たので良かったです。
そんなわけでキャプションを入れつつ載っけていきたいと思います。
では始めていきます。

img275.jpg

駆逐艦だとは思いますが何も書いておらず不明

<昭15 播磨造船所役連>
img276.jpg

左から2番目の方が海軍監督官(予備役大佐)、右端が神保技師長と記述あり

<昭十四 播磨造船所にて>
img277.jpg

昭和14年頃には播磨造船所で働いておられたようです。

<昭十六 播磨造船社宅(相生)にて>
img278.jpg

お父さんか何かが播磨造船所の方なのでしょうか?

<時、場所(同上)>
img279.jpg

友人の陸軍軍人の方のようです。

img280.jpg

img281.jpg

たぶんですが、舞空での銃剣道大会だと思います。キャプション無しで詳細不明。

<昭16 金比羅沖 樫野よりさい銭を投げる>
img282.jpg

履歴を見ると昭和15年の5月から昭和16年の9月まで樫野という艦に乗っていたことが分かります。
この樫野という艦、調べてみると給兵艦「樫野」というらしいです。
しかもこの艦は大和型戦艦2番艦「武蔵」の部品を運ぶ任務についていたようです! → 給兵艦樫野
後年、安間軍医少佐は信濃に乗組みますから大和型とは縁が深い人ですね〜。
ちなみになんでこの人達がさい銭を海に投げてるのかというと、金刀比羅神社にさい銭を納めるためなんです。
金比羅神社は古くから海上交通の守り神として信仰されてきた神社です。
ですので、海軍に限らず海で働く人達は樽にさい銭を入れてそれを海に流す習慣があるようです。
流した樽は近くで働く漁船が見つけ次第金刀比羅神社に納めるという仕組みです。
しかし、中に入っているさい銭を盗む人がいたので昭和期には金額を書いた紙だけを入れて後日現金書留で神社に送るという方法になりました。
細かいですがさい銭を集める部署は主計科でした。
確か戦中の映画「海軍」にもこの風習が描かれているので興味のある方は見て下さい。
以下、樫野の写真が続きます。

<昭16 屋島沖 樫野>
img283.jpg


<昭16 樫野 前田中佐 樫野士官室>
img284.jpg

副長の前田中佐が士官室で雑誌か何かを読んでいる場面をパシャリ。
また士官室ってのがいい感じです。

<昭16 副長、機関長(藤野機少佐)、通信長(佐世保にて脳溢血で死亡)>
img285.jpg

鳥かごの鳥でも眺めているんでしょうか?通信長は特務大尉だと思われます。

<樫野士官室窓より>
img286.jpg

安間軍医少佐は写真が趣味だったんですかね?

<昭16 土佐沖 樫野>
img287.jpg


<昭16 大阪 樫野>
img288.jpg


<昭16 大阪 樫野カッターを降ろす>
img289.jpg


<昭16 瀬戸内海にて(樫野)>
img290.jpg


<昭16 鹿児島沖(樫野)>
img291.jpg


<神戸 昭16 樫野より>
img292.jpg


<昭十六 樫野にて 大阪港>
img293.jpg


<昭十六 樫野 伊豆大島沖>
img294.jpg


<昭16 天城沖>
img295.jpg


<昭16 樫野 大阪入港>
img296.jpg


<昭16 樫野 屋島沖>
img297.jpg


<昭16 樫野前甲板 秋山主中尉ト>
img298.jpg

あ〜、この写真いいっす。
一緒に写っている秋山中尉は短現かどうかも分からないので保留です。
樫野の頃の写真はここまで。

<昭17 串本海月旅館(舞空派遣隊)>
img299.jpg

ここからは舞鶴海軍航空隊時代の写真です。
和歌山県の串本町に舞鶴航空隊が水上機を派遣していた時の部隊に配属されていたようです。
ちなみにこの旅館と思われる旅館がまだあるみたいですよ。

<串本>
img300.jpg

串本の漁港です。

<昭17 那智にて>
img301.jpg


<昭17 那智にて>
img304.jpg


<昭17 那智神社(舞空軍医長時代)> 
img305.jpg


<昭17 大島>
img306.jpg

楽しそうで何より。

<昭17 舞鶴γ基地>
img307.jpg

img308.jpg

img309.jpg

img310.jpg

ほんとに漁村の中に基地があるみたいです。

<昭17 潮岬>
img313.jpg


<昭17 金沢兼六園(徴用検査)舞空時代>
img319.jpg

何の徴用でしょうか?

<昭17 大島ニテ>
img320.jpg


<昭17 串本 海月旅館ヨリ(舞空派遣隊本部)>
img321.jpg

ほんとに漁村。

<昭17 串本基地(飯田司令報告を聞く)>
img323.jpg

飯田麒十郎大佐(海兵48期)ですね。

<昭17 舞空海岸(飯田司令とる)>
img324.jpg

飯田司令「たこ」
安間少佐「カメラ貸しましょうか?」
飯田司令「うん」パシャ

<昭17 舞空士官室 三井副長>
img325.jpg

この三井少佐の名前もまだ判明しておりません。

<昭17 舞空本部前>
img327.jpg

わんちゃん!

<昭17 舞空>
img328.jpg

img329.jpg


<昭17 舞空本部前>
img330.jpg

わんわん!

<昭17 舞空、整備長ト>
img331.jpg


img332.jpg


<昭17 明治節 舞空にて>
img333.jpg

この頃だともう大礼服着ないんですね。

<昭17 舞空>
img334.jpg

(∪^ω^)わんわんお!

img335.jpg


<昭17 舞空医務室>
img336.jpg


<格納庫前>
img337.jpg

この人の名前は次で判明します。

昭17 舞空士官室 土性医少佐
img338.jpg

この方は昭和5年任官の土性寿さんです。
珍しい名字なのですぐに分かっちゃいました。

<昭17 舞空ニテ>
img339.jpg

分隊士古城医中尉と右端の方にあります。
昭和14年任官の古城直哉さんと思われます。

img340.jpg


<昭17 舞空ニテ 飛行予科練身検のため応援に来た舞病軍医>
img341.jpg

img342.jpg


img343.jpg

何か白衣が今と違う・・・

<昭17 舞空ニテ γ予科練身検>
img344.jpg

img345.jpg

img346.jpg

予科練って子供じゃないですか!

<昭17 舞空ニテ森本医中尉ト(分隊士)>
img347.jpg

これです!この写真のお陰で安間軍医少佐を特定出来たんです!
一緒に写ってるのは昭和15年任官の森本正紀さんだと思われます。

<昭17 舞空桟橋>
img348.jpg


img349.jpg


<舞γニテ 土性医少佐>
img350.jpg

後ろの氷柱が気になる・・・
京都ってそんなに寒いのか。

<昭和17 那智ニテ(中央舞空司令飯田中佐)>
img351.jpg


<昭17 森本医中尉をオクル 宮津町茶六別館>
img352.jpg

img353.jpg

茶六別館は今もあります!

<昭和17 舞空士官室前>
img354.jpg


<昭和17 三井少佐ヲ送ル 宮津町茶六別館>
img355.jpg

茶六別館ちょー泊まりに行きたい。

<昭和17元日 舞空医務科>
img356.jpg

うん、アルバムばらばらだったね。


以上です。
この後の写真は信濃と共に沈んだのでしょうか?残ってませんでした。
軍医さんというちょっと特殊な立ち位置の海軍士官でしたがどうでしたか?
安間さんの履歴は分かり次第追加していきますね。
名前の分からない方、分かる方いましたら教えて下さい。
というわけで今回はここまでです。
イブの夜になにやってるんだか。
関連記事
[ 2016/12/25 00:51 ] 海軍実物資料 軍人の写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/98-cfab6619












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。