スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明治、大正期の海軍機関少尉候補生 礼服

御無沙汰しております。
objectでございます。
だいぶ更新をサボっておりました。申し訳ありません。

さて、今回はネット上に出るのは初めてではないでしょうか?海軍少尉候補生の礼服です。
日中戦争が始まった直後までは少尉候補生には軍衣と礼衣の二種類の軍服がありましたが、それ以降は廃止されたので非常に珍しい軍服となっております。
私も実物は、というか当時の写真以外では見た事が無かったので非常に驚きました。

T9.jpg

海軍少尉候補生の礼装は明治20年に羅紗製の短ジャケットに7つ釦に金線袖章の軍服が少尉候補生正服として誕生し、明治37年7月に礼服と改称されて昭和13年頃まで使われていた軍服です。
いくつかバージョンというか変遷があるので当時の写真を踏まえて説明していきたいと思います。

まず、明治20年から大正9年頃まで使われた、7つ釦に金線袖章の礼服です。
T9.jpg

写真は大正9年度練習艦隊に参加した海兵47期の少尉候補生たちです。
今回紹介する軍服と同じ羅紗製の短ジャケット、七つ釦、金線袖章の礼服です。
ちなみに生徒の軍服も袖章が無いだけで同じ作りの服です。

大正9年から生徒、候補生共に短ジャケットが廃止されて士官と同じ長ジャケット型に変更されました。
S56izumo.jpg

写真は昭和5・6年度練習艦隊に参加した海兵58期、海機39期、海経18期の少尉候補生たちです。
礼服も羅紗製にホック式で金線袖章の長ジャケット型に変更されています。
また大正8年に軍衣の階級が分かりにくいということで襟章が追加されますが、この写真では候補生が襟章を付けているようには見えません。
しかし、同じ海兵58期の方の候補生の時の写真では
58.jpg

軍衣には襟章が付いてますので、礼装には襟章が無かったのでしょうか?謎です。

そして昭和9年4月から生徒、候補生共に再度短ジャケットに変更されます。
S910yakumo.jpg

昭和9・10年度練習艦隊に参加した海兵62期、海機43期、海経22期の少尉候補生達です。
羅紗製の短ジャケットに襟章と金線の袖章が見えます。
この軍服は昭和13年に日中戦争の影響で正装、礼装、通常礼装が廃止されてからは使われなくなりましたが、昭和14年度卒業の少尉候補生には配られたらしく宮中参拝の時に着用している写真が残っています。
しかし、海兵67期がそれ以降に礼服を着る事はなく、翌年の候補生からは礼装が完全に無くなってしまいました。

以上が少尉候補生の礼服に関する説明でした。
それでは早速軍服を見ていきたいと思います。
IMG_9315.jpg

明治37年から大正9年まで使われたタイプの礼服で、羅紗製の短ジャケットに七つ釦、金線袖章の礼服です。
この礼服は機関科の候補生の物なので袖章の下に機関科を示す識別線が付いています。
着用例として、
小柳富次

海兵42期の小柳富次中将の候補生時代の写真を載っけておきます。
これと同じタイプです。

IMG_9325.jpg

裏面です。
羅紗製ですが虫食いひとつ無く、非常に保存状態が良いです。

IMG_9320.jpg

襟部分です。
ホックが下ひとつだけなのは面白いですね。

IMG_9321.jpg

釦です。士官の釦と同じ様式の物が使われています。
IMG_9324.jpg

釦裏には「UYEMURA TOKYO」と刻印されています。
候補生服は東京のテーラーで作られていたのでしょうか?

IMG_9322.jpg

内側です。この生地と作りは後年もあまり変わってないと思います。
IMG_9323.jpg

この服には運良く元の持ち主の名前の入った部分が残っていました。
それを元に調べてみると渋谷隆太郎機関中将等と同期の海機18期、桜田博機関大佐の旧蔵品ということが分かりました。
桜田機関大佐は明治42年の卒業ですので、この服は108年前のものということになります。
100年以上前の軍服がこれほど保存状態が良く残っているのは奇跡ではないでしょうか?
また海機18期は海兵37期とコレスですので、井上成美大将等も同じような服を着られたと思います。
海兵37期専門の私としてはそういった意味でも嬉しい軍服でした。

IMG_9326.jpg

袖章です。
候補生の袖章の太さは約7mmで士官の袖章の半分の太さしか無かったので俗に候補生の事は半人前の芸者になぞらえて半玉(ハーフ)と呼ばれていました。
兵科以外の将校には科に応じた識別線が付きますが、これは機関科なのでカールの下に紫の識別線が付いています。
識別線も綺麗に残っていますね。本当に保存状態が良いです。


以上、機関少尉候補生の礼服でした。
少尉候補生の礼服はネットで検索しても見つからなかったので紹介するのはここが初めてではないでしょうか?
私も初めて見た軍服なので珍しい物だと思います。
しかも100年以上前の軍服、大切にして行きたいです。
久々の更新でした。お疲れさまでした。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaigungunso.blog.fc2.com/tb.php/99-6cd034b2











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。